2012年01月05日

強迫性障害と地震

強迫性障害という病気をしっていますか?

これは、いわゆる心配性が病的になるようなことです。

不快な考えが頭に何度も浮かぶためその不安を振り払う目的か同じ行動をくり返してしま病気です。手を何度も洗わずにはいられないとか戸締まりを何度も確認しなくては気がすまないなど、誰でもたまには経験する行動なのですが、
これが習慣的かつ非常にエスカレートして生活に支障をきたすほどの状態が強迫性障害です。
患者さんが自分の不快な考えについて「こだわりすぎだ」と判断できるにも関わらず、こだわらずにいられないことが特徴です。
以前は、強迫神経症と呼ばれていたのですが、“神経症”
という概念が世界的に使用されなくなり、
強迫性障害と呼ばれるようになりました。
強迫性障害は英語でObsessive Compulsive Disorderというため、
その頭文字をとってOCDと言われています。

地震が原因となりそのストレスで強迫性障害と似た症状になる人も
でてきています。それだけ地震や津波は人の心にストレスを与えて
いるのでしょう。


posted by 計画停電 at 17:42| Comment(0) | 停電対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。